憂いのポーラ

嗚呼崩れてく
緑の火が消える
闇に包まれて
ひとりうずくまり
祈りを唱えてた
瞳、閉じて。

嗚呼崩れてく
吐息が冷えていく
涙とめどなく
ひとりうずくまり
途方に暮れていた
希望求めて

新しい命に触れる喜びは知っているの
痛いくらい、もう戻れないことなら知っているの

届けよ
この思い
世界にひとつの星に別れ、告げて。
by uranbana | 2004-11-04 13:59 | lyrics