ullambana*gateway(ウランバーナ*ゲイトウェイ)のブログ


by uranbana
カレンダー

2009年 06月 26日 ( 1 )

マイコーはーーーーん

うそだーーー。
今朝起きたときに夫がマイケル死んじゃったかも(´・ω・`)って言うから嘘言えーとテレビつけたらうわあってなって、それでもマイケルだから蘇生するんじゃねえのと思ってたのだが会社来てやほーニュース見たらうわああああショックです。
いや、まだ嘘なんでねえのかなとちょっと思っております。

リアルタイムで聞いてたのはBlack or Whiteあたりでしょうか。
Naomi Cambellとくねくね踊っていたのをMTVでよく観ました。
小学生の頃はママ上がミーハーなのでよくマイケルを聞いてたような。
スリラーのビデオが家ありました。メイキングシーンも入っているんだよ。

別に今でも大好きだーてわけではないけれど(例の黒いニュースで印象が悪くなったのは確かです)、彼のパフォーマンスがもう見られないのかあと思うと寂しい限りです。


ところでマイケルと言えば、生まれてこのかたモテ期を経験してこなかったあたくしでありますが、高校生の頃「大人しくて優しいから」と私のことを好いてくれる男の子がおりまして、その彼がマイケル大好きでした。
マイケルを見るたびに彼を思い出します。
ペルー人のパトリックくん。

私と彼はいくつかの授業が一緒なだけでこれと言って話したことなどまったくなく、なんでまた…と思いつつも共通の友達が余計なことをしたため(勝手に我が家の電話番号教えよった)、ある日電話で初めて会話することになったのですが、彼は大のマイケル・ジャクソンファンで、電話口でいかにマイケルが神であるかを熱く語るのでした。
普段シャイな彼は友達も少なく(私も相当少なかったけど)、「大人しい」私なら話を聞いてくれるとでも思ったのでしょうか、初会話がマイケル最高話。
映画に行きましょうかと言う話にもなったのですが、マイケルの話ばかりじゃ辛いな…と結局お断りしてしまった。

てか私「大人しくて優しい」んでなしに「根暗で周囲に興味がない」だけだったんだが…

余談ですが(て余談だらけなこのブログ)卒業式の証書授与式、で私の出身校はひとりひとり壇上に上がって受け取るのですが、このパトリックくん、証書を受け取ってからムーンウォーク(しかもすごいうまいの)で去って行きました。
彼はマイケルの訃報にかなりショックを受けてるんだろうな…

まだ50だったなんて、ご冥福をお祈りいたします。




三木
[PR]
by uranbana | 2009-06-26 11:25 | daily